スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餓狼激闘編第二話 ~は行の旅立ち~

Hキー連打、連打、連打。
ショートカットキーを連打し、一体何度ライフポーションをがぶ飲みしただろうか。
げんのうはHPバーを増減させながら、黒オオカミの群れから逃げ惑っていた。



(あばっ、あばば! しぬ!しんじゃうぅうう!!
でもなんか連続デッドリーで俺生きてるぅう!)



スマッシュを食らって吹っ飛び、即座にHキー連打。
そして追いすがる一匹をカウンターで弾き返し、別のオオカミのスマッシュを食い再びHキーを連打する。
運がいいのか悪いのか、黒オオカミ達は毎回スマッシュのみで攻撃して来る上に、毎回デットリー状態で生き残るという状態を繰り返していた。

もしステータスに悪運の項目が存在すれば、間違いなくその数値はカンストしているであろう程の連続デッドリー。
この現象が永遠に続けば、恐らくこの先のキアダンジョンロビーへ逃げ込むことも可能だったろう。
だが、生憎手持ちのライフポーションは底を付きかけ、回復手段を失えばいくら悪運が強くてもデッドリー状態にはなれない。



(なんなんだコイツ等は!!どこがほのぼのファンタジーライフだよ!!
ってああああ! そこの人超逃げてえええええ!)


遭遇


そして逃走コース上に現れた見ず知らずのプレイヤーは悪運が齎した助け舟か、はたまた新たなトラブルの前触れか。
どちらにしてもこのままでは、無関係のプレイヤーを巻き込んでしまうだろう。
何とか軌道修正を試みるも黒オオカミの巧みなスマッシュ捌きはそれを許さず、げんのうとオオカミの群れは真っ直ぐにそのプレイヤーへ向かって行く。


ここでオオカミの群れのターゲットから外れなければトレインが通り過ぎて行くだけで済んだのだが、そうは問屋が下りないのがマビノギクオリティである。
無関係のプレイヤーをスルーできるかというタイミングで、待ってましたと言わんばかりに砕けるHキー。
あまりの勢いに宙を舞うそれに意識を奪われ、そのほんの一瞬の内にげんのうは息絶えた。
もちろんその場所は見ず知らずのプレイヤーのすぐ隣である。



(とうとう死んだ・・・
我ながらしぶとい奴だ、しかもトレイン行為としてはこれ以上ないタイミングじゃないか?
とりあえず生き返って応戦せねば本当にMPK野郎と思われる!)



残念ながら課金をしていないので多大な経験値を失ってしまうが、背に腹は代えられない。
見ず知らずのプレイヤーに迷惑をかけ、掲示板で晒されてしまうよりは遥かにマシだろう。

数日前に師匠が教えてくれたばかりの、マビノギのみならず、オンラインゲーム全般におけるマナーや違反行為。
そしてそれを行ったプレイヤーの末路が今の自分と重なる。
脳裏を過った最悪の結末に、気が付けば自然と右手が復活ボタンをクリック連打していた。
某匿名掲示板やSNSサイト、果ては個人のブログで晒されない為には彼、もしくは彼女にターゲットが移るより先もにトレインを続行せねばらない。


WS000223.jpg

(ここは俺に任せて!あんたはにげてくれっ!
てかその場復活だとHP全然回復しねぇのな!
っっぎゃあ!しんだ!)




しかし復活後即撃ち込まれるスマッシュに、げんのうの命と膨大な経験値が只々無駄に散って行く。
こうなったらとにかくこちらにMPKの意思はないことを伝えようと、地に伏したまま全体チャットでコンタクトを試みる中の人。




「にげて」



悲しいかな、中の人のタイピング能力では数秒かけて単語一つを打つのが精一杯。
その間にプレイヤーもオオカミにターゲットされてしまい、一瞬で地に沈んでいる。


(うああああ申し訳ございませええええん!!
決して!決っしてMPKなどではございません! お願いだから晒したりしないでねええええ!)



「ごめnさい」



沢山の思いを一言に込めたつもりだが、タイプミスが気まずい雰囲気に拍車をかける。
自分が逆の立場だったら確実に切れていただろう状態だ。
と、思いきや以外にも同じく横たわるプレイヤーから返事が返ってくる。



「大丈夫ですか?www」

「あい」

「びっくりしたー」

「おんとにごめnさい」



さらなる打ち損じと、Hキーがテイクオフした為に「は行」が打てない怪文書にも関わらず、巻き込まれたプレイヤーは好意的だった。
この間も二人の遺体の周りではオオカミたちがグルグルと群がっている為、すぐに復活することを諦めてとにかく謝罪に徹するげんのう。



「MPKであないです」

「ですよねーw」

「しにたい」

「もう死んでるwww」



以外と気さくな人物のようでほっとする中の人だが、オオカミに包囲されている事実は変わらない。



(どうする俺、どうする!?
この人もあんまり強そうじゃないし・・・師匠に助けを求めるか?)



「なかなかタゲ外れませんね~」

「あい」

「撃退します?手伝いますよ」

「えいちキー壊れた」

「ちょwwwだからあいwww」

「かいふくむり」




(とりあえず誤解は解けたみたいだけど・・・なんで全然タゲ外れないんだよ。
いっそ久々にゾンビオンラインするっきゃないか?
やっぱり責任持ってゾンビ化するしかないか)



「おれいきます」

「ゾンビオンラインですか?www」

「あい」

「面白そうだから手伝いますよwww」



(うわーいい人発見。
余計ツラくなるわ。
っだがお言葉に甘える! それが初心者の礼儀というものだ!
多分な!)



「おねがいしまs」

「お供します^^」



中の人のタイピング速度もあってかなりの時間がたっていたのだが、いまだにグルグルと回り続けるオオカミ達。
当然その中には巨大黒オオカミも居るのだが、ゾンビ化を決意した二人は図らずとも同時に復活ボタンをクリックするのだった。



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

あぁ、なんか会話と心情がリアルでいいですね~(´∀`)

初心者だった頃をほのぼの思い出します^^

こおしんさん>
誰しもマビノギを始めたらばかりの頃は、毎日が事件で溢れていた。
ってな雰囲気を目指してますw


hが打てない会話に思わず笑ってしまいましたww

私もマビを始めたてで右も左も分からなかったころ、
こんな感じだったように思います~。

オオカミ地帯で戦闘を教わるのと
ゾンビオンラインはお約束ですよねw

初心者のころの新鮮な気持ちを思い出させてくれますね!
この小説を読んでインスピレーションを得たので
ちょっとした企画をやってみようかと!
続きも超楽しみにしています~!

No title

お約束は外さず、そして人の道も外さない
それがふぁんたじーらいふはっかーずですww

新企画ですか!
楽しみです!
本作の続きはしばしお待ちくださいw
04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

メルサリア

Author:メルサリア
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。